いざという時の

昨日は東京マラソンでしたね。
中心部を交通規制して3万人以上の人が走ったそうです。
市民参加の大マラソン、ホノルルマラソンみたいでよかですね~♪
近ければ参加してみたい!?
さて、私はというと
町内の避難訓練に参加してきました。
今までそれほど意識はしてなかったのだけど、
広島というところは、危険渓流、土砂崩れの危険箇所が
どちらも全国NO.1だそうです!
それだけ山や河川が多い県ということですね。
県のホームページでもハザードマップが用意されているけど、
まじまじとは見たことがないので一度目を通しておこうと思います。
訓練では砂防えん堤の効果体験、消火器テスト、
地震体験では震度6~7を体験。
国交省の方の災害についてのガイダンスや消防署の方の
指導があり、本格的な訓練となりました。
わかっているつもりでも実際いざとなると、なかなかうまく
行動できないもの。先日遭難したマグロ漁船の船長さんも
避難訓練をしていたから助かったというニュースを思い出し、
やはり事前の知識や訓練、意識が大事だなと感じました。
消防の方の話でも
自助(自分の助け)・共助(仲間の助け)・公助(公的機関の助け)
とあるなかで、大規模な災害となると公助は手が回らなくなる。
自助・共助が最も重要ということでした。
最近は異常気象などもあって災害は忘れないうちに
やってくると言います。
やはり日頃の意識が大事だと改めて感じました。

レンタルサーバー | SNS | ホームページ作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です